「肺炎は口で止められた」米山武義先生ご講演

6月23日、母校同窓会で口腔ケアの第一人者である米山武義先生に「肺炎は口で止められた」と題してご講演をいただいた。
近年、口腔健康管理(口腔ケア)は、歯科疾患の予防を目的としたものから、口腔のもつあらゆる働き(摂食、咀しゃく、嚥下、構音など)を健全に維持し、全身健康に寄与するものとして理解され、さらには口腔管理(衛生、機能)が肺炎などの感染症の予防や生活習慣病予防に極めて重要な位置にあり、様々な疾患の回復に口腔管理が必須であることが様々な研究から明らかになってきました。