当クリニックの患者であるプッチャリンさんが東京新聞の一面に掲載されました。