院長 伊藤道一郎

歯学博士・日本口腔外科専門医 クラブ22会員
長崎大学歯学部卒業後、同大歯学部第一口腔外科学教室に入局。
その後、日本のインプラント治療の第一人者である小宮山彌太郎先生(ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センター)に師事。
院長履歴
1958年(昭和33年)2月25日 熊本県八代市(旧八代郡)鏡町生まれ
1964年(昭和39年)4月 鏡町町立有佐小学校入学
1970年(昭和45年)3月 鏡町町立有佐小学校卒業
1970年(昭和45年)4月 熊本大学教育学部附属中学校入学
1973年(昭和48年)3月 熊本大学教育学部附属中学校卒業
1973年(昭和48年)4月 熊本県立済々黌高等学校入学
1976年(昭和51年)3月 熊本県立済々黌高等学校卒業
1980年(昭和55年)4月 長崎大学歯学部入学
1986年(昭和61年)3月 長崎大学歯学部卒業(歯科医師免許取得)
1986年(昭和61年)4月 長崎大学大学院歯学研究科入学
1990年(平成元年) 3月 長崎大学大学院歯学研究科卒業(歯学博士取得)
1990年(平成元年) 4月 長崎大学歯学部第一口腔外科助手(口腔外科認定医取得)
2002年(平成12年)4月 長崎大学歯学部附属病院第一口腔外科講師
2005年(平成15年)8 月 同附属病院退職
2005年(平成15年)9月-12月 品川美容外科勤務
2006年(平成16年)1月
-2007年(平成17年)8月
アップル歯科勤務
2007年(平成17年)9月 番町オーラルサージャリー&スキャニング開院
論文集

口腔外科学第一講座研究業績(1995)

○ 原著(Original Articles)

1.伊藤道一郎,陶山一隆,徳久道生,川崎五郎,冨永和宏,水野明夫,平山研之:UFT 内服治療が奏功した高齢者下顎歯肉癌の1例.口腔腫瘍 7, 116-122, 1995.
2.冨永和宏,冨永尚宏,徳久道生,松尾長光,川崎五郎,伊藤道一郎,藤樹 亨,中村 幹,重本康晴,空閑祥浩,水野明夫:口腔癌における放射線療法に対するシゾフィラン投与の免疫学的効果.Biotherapy 9, 1031-1035,1995.
3.冨永和宏,冨永尚宏,徳久道生,松尾長光,川崎五郎,伊藤道一郎,藤樹 亨,中村 幹,重本康晴,空閑祥浩,水野明夫,岡邊治男:口腔癌の治療における細胞性免疫能の変化;手術と放射線の影響について.口腔腫瘍7, 304-311, 1995.

○ 学会発表(Oral and Poster Presentation)

1.陶山一隆,伊藤道一郎,水野明夫,六反田 篤,植村正憲:運動神経細胞と筋線維への神経切断・再生による影響-ジャコウネズミを用いた形態学的研究-.第49回口腔科学会総会、岐阜、1995.{口科誌、44, 930,1995.}
14.陶山一隆,川崎五郎,空閑祥浩,徳久道生,伊藤道一郎,水野明夫,柴田恭明,藤田修一,高橋 弘,岡邊治男:小唾液腺に発生した粘表皮癌症例の臨床的ならびに病理学的検討.第63回日本口腔外科学会九州地方会、久留米、1995.
17.伊藤道一郎,馬場信行,陶山一隆,空閑祥浩,水野明夫,和泉伸一,小路武彦:神経再生に対する生体材料キチンの効果について ―移植部位の組織学的検索―.第40回日本口腔外科学会総会、東京、1995.

口腔外科学第一講座研究業績(1996)

原著(Original Articles)

1. 伊藤道一郎、馬場信行、上谷 猛、冨永尚宏、徳久道生、空閑祥浩、水野明夫:口腔粘表皮癌におけるメタロチオネインの免疫組織学的検討。日口外誌 42, 843-845, 1996.

学会発表(Oral and Poster Presentation)

1.川崎五郎、高野美貴子、中井雅人、馬場信行、山辺 滋、伊藤道一郎、空閑祥浩、水野明夫、岡邊治男:当科における舌扁平上皮癌症例の臨床的統計的ならびに病理学的検討。第14回日本口腔腫瘍学会、鎌倉、1996.{口腔腫瘍、8, pp191-192, 1996.}
2.伊藤道一郎、宮崎 力、上谷 猛、馬場信行、空閑祥浩、水野明夫:口腔扁平上皮癌におけるMetallotioneinの免疫組織学的検討。第14回日本口腔腫瘍学会、鎌倉、1996.{口腔腫瘍、8, pp244-245,1996.}
3.Itoh,M. and Baba,N.: Effect of chitin grafting for nerve regeneration in axtomy. The 3rd Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery. Kunhing, Sarawak, Malaysia, 1996.{Abstracts, p291, 1996.}
4.伊藤道一郎、馬場信行、柳本惣市、空閑祥浩、水野明夫、福本 敏、古川鋼一:神経切断後の神経伸長に対するガングリオシド投与効果について。第41回日本口腔外科学会総会、東京、1996.{日口外誌、(印刷中), 1997.}
5.伊藤道一郎、馬場信行、柳本惣市、空閑祥浩、水野明夫、福本 敏、古川鋼一:神経切断後の神経軸索伸長に対するガングリオシド投与効果について-in vivoにおける検討。第2回長崎大学からの情報発信、長崎、1996.{長崎大学からの情報発信’96、pp13-14, 1996.}

口腔外科学第一講座研究業績< Publication of Works >(1997)

○ 原著( Original articles )

1. 冨永和宏、川崎五郎、松尾長光、伊藤道一郎、藤樹 亨、上谷 猛、水野明夫:顎堤(歯槽堤)形成術における骨膜下ティッシュエキスパンダーの使用経験。口科誌、46, 422-428, 1997.
2. 伊藤道一郎、高野美貴子、上谷 猛、宮崎 力、空閑祥浩、水野明夫:UFTRィ内服治療が奏功した高齢者下顎歯肉癌の1例。口腔腫瘍、 9, 282-287, 1997.

○ 著書( Books, Proceedings )

1. Ito,M., Baba,N., Yanamoto,S., Kuga,Y., Mizuno,A., Fukumoto,S. and Furukawa,K. : Efeect of gangliosides on regeneration of axotomized hypoglossal nerve fibers in vivo. Official Proceeding to the 13th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery in conjunction with 42nd Annual Meeting of Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons, Kyoto, 118, 1997.
2. Baba,N., Koji,T., Itoh,M., Nakane,P.K. and Mizuno,A. : Reciprocal change in Bcl-2 and Bax expression in axotomized hypoglossal motorneurons of adult rat. Official Proceeding to the 13th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery in conjunction with 42nd Annual Meeting of Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons, Kyoto, 151, 1997.
3. Ito,M., Baba,N., Yanamoto,S., Kuga,Y., Mizuno,A., Fukumoto,S. and Furukawa,K. : Efeect of gangliosides on regeneration of axotomized hypoglossal nerve fibers in vivo. Restroractive Neurology and Neuroscience, 232, 1997. 症例報告( Clinical Articles )

○ 学内紀要、各種報告書( Bulletins, Reports )

1. 馬場信行、小路武彦、伊藤道一郎、柳本惣市、水野明夫:成熟ラットにおける舌下神経軸索切断モデルでのBcl-2ならびに Bax発現の経時的変化。長崎大学からの情報発信、
6,1997.
1997.

○ 学会発表( Oral and Poster Presentations )

1.伊藤道一郎、松本茂樹、上谷 猛、空閑祥浩、水野明夫、岡邊治男:唾液腺腫瘍45例の免疫組織学的検討。第15回日本口腔腫瘍学会総会、北九州、1997.{口腔腫瘍、9, 227-228, 1997.}
2. 伊藤道一郎、上谷 猛、宮崎 力、空閑祥浩、水野明夫、岡邊治男、中村友保、片浦俊久、小路武彦:UFTRィ内服治療が奏功した高齢者口腔癌4例における免疫組織学的検討。第51回日本口腔科学会総会、新潟、1997.{口科誌、46, 701, 1997.}
3. 伊藤道一郎、馬場信行、柳本惣市、空閑祥浩、水野明夫、福本 敏、古川鋼一:舌下神経切断後の神経軸索伸長に対するガングリオシド投与効果について─ in vivo における検討─。第12回神経組織の成長・再生・移植研究会、京都、1997.{神経組織の成長・再生・移植、9, 43-44, 1997.}
4. 小柳直之、伊藤道一郎、空閑祥浩、鮎瀬卓郎、水野明夫、大井久美子、六反田 篤:抜歯時、臼後管(下顎管)損傷の一例 ─抜歯後疼痛および知覚鈍麻例─。第65回日本口腔外科学会九州地方会、沖縄県中頭郡、1997.{日口外誌、44, 368, 1997.}
5. Itoh,M., Baba,N., Yanamoto,S., Kuga,Y., Mizuno,A., Fukumoto,S. and Furukawa, K. : The effect of Gangliosides on the regeneration of axotomized hypoglossal nerve fivers in vivo. 13th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery in conjunction with 42nd Annual Meeting of Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons, Kyoto, 1997.{Int. J. Oral Maxillofac. Surg., 26, 118, 1997.}
6. Baba,N., Koji,T., Itoh, M., Izumi, S., Nakane,P.K. and Mizuno,A.: Reciprical changes in Bcl-2 and Bax expression in axtomized hypoglossal motoneurons of adult rut. 13th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery in conjunction with 42nd Annual Meeting of Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons, Kyoto, 1997.{Int. J. Oral Maxillofac. Surg., 26, 151, 1997.}
7. 馬場信行、小路武彦、伊藤道一郎、和泉伸一、中根一穂、水野明夫:成熟ラットにおける舌下神経軸索切除モデルでのBcl-2 ならびにBax 発現の経時的変化、第53回日本解剖学会九州支部学術集会、長崎、1997. {解剖学雑誌、72, 563, 1997.}

口腔外科学第一講座研究業績< Publication of Works >(1998)

○ 原著( Original articles )

1.伊藤道一郎,宮崎 力,上谷 猛,馬場信行,空閑祥浩,水野明夫:口腔粘膜扁平上皮癌再発症例におけるメタロチオネインの免疫組織化学的検討.口腔腫瘍, 10, 235-243, 1998.
学会発表( Oral and Poster Presentations )
1.本村二郎,伊藤道一郎,宮崎 力,空閑祥浩,水野明夫,福本 敏,古川鋼一:エナメル上皮腫における糖鎖発現について.第16回日本口腔腫瘍学会,神戸,1998.{口腔腫瘍, 10, 213-214, 1998.}
2.伊藤道一郎,宮崎 力,本村二郎,空閑祥浩,水野明夫:扁平苔癬の発生における酸性スフィンゴ糖脂質の役割.第52回日本口腔科学会総会,松山,1998.{口科誌, 47, 635, 1998.}
3.宮崎 力,伊藤道一郎,馬場信行,空閑祥浩,水野明夫:N-アセチルグルコサミン転移酵素遺伝子過剰発現および欠如マウス舌下神経切断後の神経再生について.第52回日本口腔科学会総会,松山,1998.{口科誌, 47, 666,1998.}
4.陶山一隆,川崎五郎,徳久道生,伊藤道一郎,松尾長光,空閑祥浩,水野明夫,小林泰浩,丸山陽一,久保田敦志:当科における過去5年間の顎矯正手術の臨床統計的観察ならびに骨格性下顎前突症症例における術後の後戻りに関する検討.第8回日本顎変形症学会総会,佐賀,1998.{日顎変形誌, 8, 113-114, 1998.}
5.Itoh,M., Baba,N., Miyazaki,C., Kuga,Y., Mizuno,A., Fukumoto,S. and Furukawa,K.: Gangliosides prevent the death of the rat axotomized hypoglossal nerve andpromote its regeneration. Congress of the International College for Maxillo Facial Surgery, VIENNA, 1998.
6.伊藤道一郎,上谷 猛,趙 龍昊,徳久道生,空閑祥浩,水野明夫:口腔粘膜術後欠損部における創被覆法の検討-ラット皮膚創傷治癒過程における組織学的検討.第43回(社)日本口腔外科学会総会,松本,1998.
7.岡島徹也,福本 敏,伊藤道一郎,大石秀人,古川圭子,光田輝彦,宮崎宏,相沢慎一,鍋島俊隆,古川鋼一:ガングリオシド変異マウスにおける行動異常と神経再生能の検討.第21回日本分子生物学会,横浜,1998. {日本分子生物学会プログラム集,p44, 1998.}
国際会議ゼミ座長(Chairpersons, Seminar of the International Congress)

口腔外科学第一講座研究業績< Publication of Works >(1999)

○ 原著( Original articles )

1.陶山一隆、川崎五郎、徳久道生、伊藤道一郎、松尾長光、山辺 滋、柳本惣市、空閑祥浩、水野明夫、小林泰浩、丸山陽一、久保田敦志:当科における最近6年間の顎矯正手術の臨床統計的観察ならびに骨格性下顎前突症症例における術後の後戻りに関する検討。日口診誌、12, 93-99, 1999.
2. Itoh, M., Fukumoto, S., Baba, N., Kuga, Y., Mizuno, A. and Furukawa,K. : Prevention of the death of the rat axotomized hypoglossal nerve and promotion of its regeneration by brain gangliosides. Glycobiology, 9,1247-1252, 1999. (3.641)
3. Baba, N., Koji, T., Itoh, M. and Mizuno, A. : Reciprocal changes in the expression of Bcl-2 and Bax in hypoglossal nucleus after axotomy in adult rats: Possible involvement in the induction of neuronal cell death. Brain research, 827, 122-129, 1999.

○ 著書( Books, Proceedings )
○ 症例報告( Clinical articles )

<学会発表:Oral and Poster Presentations>
1. 本村二郎,伊藤道一郎,石飛進吾,趙 龍昊,東 修平,岩本 勉,空閑祥浩,水野明夫:ラット舌下神経切断後の神経軸索伸長に及ぼす直線偏光近赤外線(スーパーライザー)照射の効果.第53回日本口腔科学会総会・学術大会,東京,1999.{口科誌,48, 679-680, 1999.}
2. 本村二郎,真鍋庸三,伊藤道一郎,趙 龍昊,池田直樹,空閑祥浩,水野明夫,石飛進吾,六反田 篤:ラット舌下神経切断後の神経軸索再生に及ぼす星状神経節ブロックならびに直線偏光近赤外線(スーパーライザー)照射の効果.日本麻酔学会第46回大会,札幌市,1999.{第46回日本麻酔学会プログラム抄録集,258,1999.}
3. 伊藤道一郎,馬場信行,趙 龍昊,空閑祥浩,水野明夫,福本 敏,古川鋼一:酸性糖脂質ガングリオシドのラット舌下神経切断後の神経細胞死および神経再生におよぼす影響. 神経組織の成長・再生・移植研究会第14回学術集会,名古屋市,1999.{プログラム・予稿集,30,1999.}
4. 伊藤道一郎,福本 敏,趙 龍昊,岩本 勉,空閑祥浩,後藤譲治,水野明夫,古川鋼一:口腔粘膜扁平上皮癌における酸性糖脂質ガングリオシドの発現について.第44回(社)日本口腔外科学会総会,東京,1999.{プログラム・抄録集,318,1999.}
5. 今里真一郎,本村二郎,伊藤道一郎,石飛進吾,水野明夫,谷口省吾:ラット舌下神経切断後の神経軸索再生について-SGB・スーパーライザー(r)の効果-.第27回日本歯科麻酔学会総会,東京,1999.{日歯麻誌,64,1999.}
20.山辺 滋,松尾長光,伊藤道一郎,水野明夫,藤田修一,柴田恭明:下顎骨に発生した悪性エナメル上皮腫の治療の問題点 -症例報告- 第58回九州癌学会,長崎市,1999.{合同プログラム,14, 1999}

口腔外科学第一講座研究業績< Publication of Works >(2000)

○ 原著( Original articles )

1. Itoh, M., Izumi, S., Uemura, M., Baba, N., Suyama, K., Kuga, Y., Mizuno, A., Nakane, P., K. and Koji, T.: Prevention of death of axotomized hypoglossal neurones and promotion of regeneration by chitin grafting. Cellular and Molecular Neurobiology, 20, 529-540, 2000
2. Itoh, M., Fukumoto, S., Baba, N., Cho, R.-H., Kuga, Y., Mizuno, A. and Furukawa, K. : Enhancement of rat hypoglossal nerve regeneration by chitin sheet plus gangliosides. British J. Plastic Surgery, 53, 607-611, 2000 (0.826)

○ 症例報告( Clinical articles )

1.陶山一隆、柳本惣市、川崎五郎、伊藤道一郎、水野明夫、藤田修一:両側顎下及びオトガイ下部にみられたリンパ節石灰化の1例.日口外誌、46, 448-450, 2000

<学会発表:Oral and Poster Presentations>

1. Itoh, M., Kuga, Y., Nakamura, T., Kataura, T. and Mizuno, A. : Five cases of oral cancer responding to chemotherapy with UFT. 78 th General Session of the IADR., Washington, DC, 2000. {J. Dent. Res., 79(Special Issue), 398, 2000}
2. Fukumoto, S., Itoh. M., Goto, G. and Furukawa, K. : Novel effects of endogenously-generated monosialoganglioside-GM1 on the differentiation/death signals.78 th General Session of the IADR., Washington,DC, 2000. {J. Dent. Res., 79(Special Issue), 411, 2000}
3. 伊藤道一郎、山田慎一、花池泰徳、斉藤寛、河野俊広、福本敏、古川鋼一、水野明夫:ラット舌下神経切断後の神経軸索伸長に対するオリゴ糖およびセラミド投与効果について.第54回日本口腔科学会総会、東京、2000.{口科誌、49, 482, 2000}
4. 河野俊広、伊藤道一郎、山田慎一、湯浅健司、空閑祐紀、楊磊、花池泰徳、斉藤寛、福本敏、古川鋼一、水野明夫:ラット舌下神経切断後の神経軸索伸長に対するオリゴ糖およびセラミド投与効果について.第45回日本口腔外科学会総会、千葉、2000.{日口外誌、46, 194-195, 2000}
5. 平田一成、伊藤道一郎、馬場信行、陶山一隆、川崎五郎、空閑祥浩、水野明夫、藤田修一、山口朗:下顎に発生した腺様扁平上皮癌の1例. 第33回日本口腔科学会九州地方部会、福岡市、2000.{プログラム、4, 2000}
6.伊藤道一郎、山田慎一、河野俊広、水野明夫、福本敏、古川鋼一:舌下神経における酸性糖脂質ガングリオシドの解析. 神経組織の成長・再生・移植研究会 第15回学術集会、岡山、2000{神経組織の成長・再生・移植研究会 第15回学術集会プログラム・予稿集、20, 2000}

口腔外科学第一講座研究業績< Publication of Works >(2001)

○ 原著論文(欧文)

1. Itoh, M., Fukumoto, S., Iwamoto, T., Mizuno, A., Rokutanda, A., Ishida, H.-K., Kiso, M. and Furukawa, K.: Specificity of carbohydrate structures of gangliosides in the activity to regenerate the rat axotomized hypoglossal nerve. Glycobiology, 125-130, 2001.(3.728)
2. Kan Saito, Satoshi Fukumoto, Emiko Fukumoto, Michi-ichiro Itoh, Kenji Yuasa, Yuzo Kato and George Goto:Cleft palate- and lip-related gene expression analyzed by cDNA microarray hybridization. Pediatric Dental J.,2001. .

○ 学会発表(国際学会/シンポジウムを含む)

1. Itoh, M., Kawano, T., Yamada, S., Fukumoto, S., Rokutanda, A. and Mizuno, A. :Prevention of the death of the rat axotomized hypoglossal nerve and promotion of its regeneration by the stellate ganglion block or polarized light therapy irradiation near the stellate ganglion. 15th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, Durban, South Africa, 2001. {International Journal of Oral & Maxillofac. Surg., 30(Supplement A), S24, 2001}
2. Furukawa, K., Sugiura, Y., Furukawa, K., Inoue, M., Honda, T., Igarashi, K., Kato, K., Okada, M., Itoh, M., Mishima, K., Iwasaki, K. and Fujiwara, M.: Importance of complex gangliosides in the maintenance of neural functions:analysis with knock-out mice of glycosyltransferase genes. XVIth International Symposium on Glycoconjugates. GLYCO XVI, Hague, 2001.

○ 国内の年会、学会

1. 古川鋼一、福本敏、井上雅博、伊藤道一郎、杉浦康夫、本多たかし、古川圭子:糖鎖遺伝子の操作によるガング
リオシドの神経系における役割の解明。文部省科学研究費、特定領域研究 公開シンポジウム、2001. 1.
2. 伊藤道一郎、河野俊広、山田慎一、吉冨泉、柳本惣市、馬場信行、陶山一隆、山辺滋、川崎五郎、松尾長光、水野明夫、山口朗:口腔粘膜扁平上皮癌におけるメタロチオネイン(MT)の発現と臨床統計学的検討.第19回日本口腔腫瘍学会総会、宇都宮、2001.{プログラム・抄録集、133}
3. 伊藤道一郎、河野俊広、山田慎一、岩本勉、水野明夫、福本敏、古川鋼一:口腔扁平苔癬における酸性スフィンゴ糖脂質の発現様式.第55回日本口腔科学会総会、盛岡、2001.{プログラム・抄録集、255}

口腔顎顔面部病態・外科制御学研究業績< Publication of Works >(2002)

○ 原著論文(欧文)

1. Okada, M., Itoh, M., Haraguchi, M., Okajima, T., Inoue, M., Ohishi, H., Matsuda, Y., Iwamoto, T., Kawano, T., Fukumoto, S., Miyazaki, H., Furukawa, K. Aizawa, S. and Furukawa, K.: b-series gangliosides-lacking mice showed no changes in the neurogenesis and the sensitivity to Fas-mediated apotosis, but exhibited reduced regeneration of the lesioned hypoglossal nerve. J. Bio. Chem., 277(3), 1633-1636, 2002. (7.258)
2. Saito, K., Fukumoto S., Fukumoto E., Itoh M., Yuasa K., Kato Y. and Goto G.:Cleft palate- and lip-related gene expression analyzed by cDNA microarray hybridization. PEDIATRIC DENTAL JOURNAL, 12(1), 35-42, 2002.

○ 学会発表(国際学会/シンポジウムを含む)

1. Itoh, M., Fukumoto, S., Iwamoto, T., Kawana T., Mizuno, A., Rokutanda, A. and Furukawa, K.:Specificity of carbohydrate structures of gangliosides in the activity to regenerate the rat axotomized hypoglossal nerve. 80th General Session of the International Association for Dental Research, March 9, 2002, San Diego, USA, 2002. {JDR,81(special issue A),p180, #3733, 2002.}

○ 国内の年会、学会

1. 伊藤道一郎、岸本潤、吉田一、大原知宏、河野俊広、岩本勉、川崎五郎、水野明夫:歯性上顎洞炎治療におけるなた豆茶の使用経験.第47回日本口腔外科学会総会
2. 岸本潤、伊藤道一郎、吉田一、大原知宏、河野俊広、岩本勉、川崎五郎、水野明夫:当科における歯性上顎洞炎に対する臨床的検討.第47回日本口腔外科学会総会
3. 伊藤道一郎、河野俊広、斉藤寛、湯浅健二、福本敏、古川鋼一、水野明夫:口腔扁平苔癬における酸性スフィンゴ糖脂質の発現様式.第23回日本炎症・再生医学会
4. 河野俊広、伊藤道一郎、水野明夫:直線偏光型近赤外線治療器(ス-パ-ライザ-TM)の星状神経節照射が有用であった三叉神経痛の5症例.第56回日本口腔科学会総会

口腔顎顔面部病態・外科制御学研究業績< Publication of Works >(2003)

○ 学会発表(国内学会/シンポジウムを含む)

1. 大原知宏、伊藤道一郎、岸本潤、吉田一、戸田一雄、水野明夫:直線偏向型近赤外線の星状神経節近傍照射が疼痛逃避反射に及ぼす影響について、第57回日本口腔科学会総会、福岡、2003.{口科誌、52(6), 441, 2003.}

過去の主なセミナー・講演会
※講演依頼受付中です。

2007年7月26日(木) 千代田区倫理法人会 学士会館 ―「歯なしにならないはなし」
2007年10月9日(月) 九段倫理法人会 ―「歯なしにならないはなし」
2008年1月28日(月) ハットクラブ ―「歯なしにならないはなし」
2008年2月20日(水) ソロプチミスト東京支部 ―「歯なしにならないはなし」
2008年6月10日(火) 熊本県八代市立有佐小学校 ―「歯なしにならないはなし」
2009年9月10日(木) 熊本県立熊大付属中学校 ―「歯なしにならないはなし」
2012年5月19日(土) 熊本県歯科医師会 ―「開業して6年、そこで学んだこと」

2009年9月10日(木) 熊本大学附属中学校第2回響き合いセミナー

場所:熊本大学教育学部附属中学校

今回の響き合いセミナーは、学校保健委員会との合同開催のため、生徒、先生、保護者が参加しました。
講師に、番町オーラルサージャリー&スキャニング院長、伊藤道一郎先生をお迎えして、「歯なしにならない話」と題し、歯と脳について、先生が経験された笑うことの大切さ、夢を持って生きる人生の楽しさ、素晴らしさをわかりやすくお話いただきました。
ものをよく噛むことにより、ホルモンが分泌され、大脳を活性化し、動脈硬化や脳梗塞などを予防します。また、それと共に満腹感を得ることもでき、歯を美しく保つこともできます。だからこそ、私達人間は、笑顔で健康に生きていくためにも歯を大切に扱っていかなければなりません。
夢は叶うまで追い続けることが大切であり、明確な目標を持つことでそれは現実になります。
人生の成功とは、健康、仕事、家庭、趣味、教養のバランスをとった上で、人を思いやる気持ちと人の役に立つこと、そして、地球の環境を大切にすることだと先生は語っていらっしゃいました。
歯を大切にすることは、自分の生き方とまわりを大切にすることにつながります。先生自身、歯科医療を通して人々が健やかで、自分らしく積極的に生きていくことのお手伝いをしていらっしゃいます。
私たち保護者も、つねに『笑顔』を持ち、子供としっかりと向き合った生活をしたいと思います。保護者の皆様におかれましては多数のご参加を頂きありがとうございました。また、貴重なご意見、ご感想を頂き、心よりお礼を申し上げます。

平成24年5月19日(土) 長崎大学歯学部熊本支部同窓会講演会

場所:熊本県歯科医師会館

懇親会会場

1952 年、ブローネマルク教授によって、骨とチタンの長期的な安定結合・オッセオインテグレーション(オッセオ=骨の、インテグレーション=統合)が発見され、基礎実験に8年、その後、生体反応など徹底的に検証がなされ、チタンが人体の拒絶反応をほとんど起こさないことが確かめられた。
1965年、世界で初めて人体に応用され、そのインプラントは、この患者が亡くなる2006年まで完璧に機能し、全く後遺症などもなかったという。
近年、インプラント治療は、インプラント体の表面性状の開発、および術式の確立により、適応症の拡大、より低侵襲な手術へと臨床応用され、45年余にわたる高い治療成績を背景に、また、患者のQOLの向上から一般社会からも認知され、治療を希望される患者さんは増加している。
しかしながら、歯科医師サイドの知識不足、未熟な技術、経験不足のまま、安易な骨移植症例や多数歯欠損症例等の難症例に安易に取り組んだ結果、失敗したと思われるケース、また、手術時間や出血の軽減を目的とする低侵襲手術のフラップレスサージェリーやガイドサージェリーを安易に臨床応用した結果、血管損傷、神経麻痺、他部位への迷入などの重篤なトラブルケースが報告されている。その背景には、経営的に難しい時代であることにより、患者を客としてとらえ、利益重視の間違った誘導、収入源の確保、患者イコール金、という職業倫理の欠如があるのかもしれない。その結果、医療事故や訴訟などがマスコミなどで大きく取り上げられ、患者側の不信、不安、猜疑心を募らせ、歯科医療全体の未来を危うくしているとも言える。
我々、歯科医師の使命は、患者さんの利益を最優先し、QOL の向上に資することであることはいうまでもない。今後、インプラント療法は歯科医師にとって必要不可欠な治療法の一つとなると考えられ、そんな中、患者さん一人一人の立場に立った、 10年20年先を見据えた、患者さんへの配慮ある治療計画が立てられるか!が、 今、歯科医師に求められている。

 

スタッフ紹介

大泉先生 [ 月・火・水曜日担当 ]
自己紹介

こんにちは大泉です。
主に虫歯治療、被せ物などの一般治療を中心にやらせていただいています。
患者様のお悩みは様々です。
痛みをとる事はもちろんですが、患者様のお話をよく伺い、その方にとって最良の治療は何かを患者様の立場に立って考えるよう常に心がけております。
美味しく食事をする事、素敵な笑顔でいる事は健康にとってとても大切なことです。
お口のケアにより少しでも患者様のお役にたてれば幸いです。

服部先生 [ 現在ドイツ留学中 ]
自己紹介

歯科医師,歯学博士,顎顔面補綴学会認定医入れ歯を使ったリハビリテーションを専門としており、外科手術後の歯科治療、入れ歯使用者の発音の分析と歌手や管楽器奏者の歯科治療を専門的に行います。
どんなに歯磨きに気を付けていても、思いがけない事故による外傷や腫瘍の手術で歯を失う方もいらっしゃいます。長生きをすれば将来入れ歯が必要になることがあるかもしれません。歯が何本残っていれば合格、それ以下は不合格といったことはありません。口腔には咬む、飲み込む、話すという重要な機能がありますが、その他にも外観、人によっては歌や楽器演奏などなどいろいろな働きがあります。一本も虫歯がないこと、一本も歯の欠損がないことにこだわるのではなく、それぞれの方にとって必要と考えられるお口の中のケアを通して、お一人お一人の生活と笑顔がその方らしくあるための、お手伝いをしていきたいと考えています。まずはお口の中の様子に興味を持っていただきたいと思っています。

伊藤恵美先生

歯科衛生士 一村 [ 月・火・水曜日担当 ]
自己紹介

こんにちわ、歯科衛生士の一村です。
最近では日本でもインプラントの認知度は高くなってきたと感じます。
ただ、インプラントを入れた後のアフターケアの重要性はあまり知られていないようです。
インプラントをより長く健全にお使いいただくためにも日頃の正しいブラッシングや定期的な噛み合わせのチェック、歯科医院による専門的な清掃などがとても重要です。
当医院ではアフターケアをしっかりやっていきますのでぜひ定期検診へお越し下さい。お待ちしております。

マッサージセラピスト 青木ちず
自己紹介

大手痩身専門サロンに勤務し基幹店の店長を歴任、2008年から、高周波温熱療法「インディバ」専門サロンに移籍。身体の深部を温めながら代謝を高めることでより効果的な痩身・小顔ケアに特化した技術の向上に従事。2010年に独立し、のべ16,000人の施術をし、現在は武蔵小杉でインディバサロンの経営と当クリニックで表情筋マッサージを行っている。

著書「たった3分で自分でできる小顔づくり・・・顔筋&口腔マッサージ」

歯科助手 遠藤
自己紹介

学生アルバイト時代から社会、働くママへと、いつの間にか一番古株になってしまいましたが、初心の気持ちを忘れずに、精一杯がんばります。