発音には口腔周囲の器官が深く関わっています。当院では話すことに関する専門外来を設けています。

1 発話検査

通常の歯科検診に加えて、発音時のお口の状態を調べ、問題点を明らかにします。

2 音響分析

専用の機器を用いて声を分析します。歯科治療前後に行うことで治療の影響を客観的に調べたり、急なトラブルに備えてデータを保存しておくことができます。

3 補助装置、義歯の作成

検査の結果、発話を改善するための口腔内装置が必要と判断された場合は当院で作成いたします。通常の義歯作成の他、障害の原因によってはスピーチエイド、顎義歯など特殊な装置を作成いたします。

4 義歯調整

現在お使いの義歯の問題点が明らかになった場合は、発音を確認しながら調整を行います。